2010年5月 3日 (月)

夏の支度

私のGWの恒例行事といえば、夏野菜の植え付け。

今年は大変楽をさせてもらったぜ。
トマト屋根の組立を、なんと弟&弟の連れがやってくれたのだぁ。

100501121901_r
いやはや、男手があるというのは本当に助かるものだなぁ。
と、女一人で生きてる歴そこそこの私はしみじみ思ってしまったとさ。

今年は弟も無職という事もあり時間があるし、土地もある、って訳で野菜栽培に参戦した。
ピーマン、なす、ゴーヤ、フルーツトマト、黒豆を育てると言うので、私はトマトに重点を置くことにする。
例年トマトは7本くらいだけど、今年はミニトマトを加えて10株育てる。
桃太郎の接ぎ木苗を3株買ってみたんで、普通のとの違いを見ることも出来るだろう。

100501133542_r
後は去年イマイチだった落花生。

100501122027_r
地温を上げるために透明マルチを張って種まき。
透明マルチだとマルチの下に雑草が生えまくるけど、花が咲いたら子房柄という物が出て、そこが潜って実になるために、どうせその頃にはマルチをはがさなければならないから透明でOKなんである。

100501122720_r
それからオクラ。
去年からの種があるにもかかわらず、ホームセンターで赤いオクラの種を買ってしまった。
変わったものが育てたくなってしまうんだよねぇ~~。
で、オクラの根には根こぶセンチュウという菌が付きやすいらしいんで、それを予防してくれるというフレンチマリーゴールドを株間に植えてみた。
あわよくば、花も楽しもうかと。

オクラと落花生の種は一昼夜水につけてから蒔くと発芽しやすいらしいので、今年は忠実にやってみた。
特に落花生は今年は成功したいからね。

100501122733_r
100501133535_r
万願寺トウガラシとキュウリは1株ずつ。
そんなに大量に出来ても困るんでね。
特にキュウリは食べるのが追いつかないくらいのペースで実が着くからね。

ズッキーニも種が残っていたので蒔いた。
バジルもなぜか育てないと気になるんで、蒔いた。
みんな順調に育てばいいけど、今年の春の天候不順が夏にも影響するんかなぁ?

100501121625_r
100501121641_r
100501121606_r
100501121700_r
100501121733_r
他の育ち中の野菜は、まぁ比較的順調なんだけど、カモミールがイマイチ茂らないんだよね。
やっぱり玉ねぎ用の穴あきマルチ使用は失敗だったろうか。
一応花芽は付いているんだが。
もっと間引かないといけなかったような気もする。

アスパラガスも結局去年は収穫できるような太さの物は出てこず、今年に期待をかけている。
でもまぁ、1株しか植えてないし、なんだか寂しいね。
追加しようかと思った時には時期を逸していたもので。

画像はないけど、ジャガイモも植えてるんだけど、未だに3割くらいしか発芽していない。
ジャガイモの発芽率はこんなに悪いんだろうか?

GWの前半に作業は終え、今は種を蒔いたヤツに毎日液肥をやっている位。
でも、やっと暖かくなって、畑に居ても良い気持ちだ。
暑くもなく、寒くもなく、適度に風が吹き、若い緑の香りがする。
短い間だけど、良い季節がやっときましたね~。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月12日 (木)

玉ねぎチクチク

本気の冬が来る前に、やらなければならない事があるわけです。
それは何かといいますと、玉ねぎの植え付けです!

思えば今年の夏は、どういうわけか野菜の育ち具合が良くなく、自分のモチベーションも維持できなかった結果、畑は荒れ放題であった。
土手の草も伸び放題で、どこから畑に侵入すればいいのか分からないほど。
土手どころか畑自体にも隙間なく雑草が茂り、目的の野菜が埋もれている状況であった。
そりゃ、育ちも悪いわな。

しかし、冬の足音が聞こえてくるようになり、なんとかムックリと私のやる気も頭を出したのであった。
玉ねぎだけは、どうしても植えなければならない。
家族に一番人気だもの、サボるわけにはいかないぞ。

準備作業を半月ほど前に行う。
草を刈り、畑を耕すこと3日。
久々に耕運機モックンがまたまた大活躍であった。
そしてこの作業でその後3日ほどヨボヨボに。
農作業は腰が命です…。

玉ねぎの苗は、根っこがむき出しで売られております。
なので、新鮮さが大事。 
日が経つと乾いてしまう。
だから、ホームセンターの入荷日はチェックしておく。
入荷は午後との事だったので、午前中にその他の出来ることを済ませておく。

まず、ホウレンソウの種まき。

091110134109_r

時期がかなり遅いけど、大丈夫かなぁ~~。
本当は10月中には済ませておかねばいけなかったんだけど。
ホウレンソウの種は筋蒔きに。
そのため、今回初めてマルチシートに細長い穴を開けてみた。

091110133939_r

上手く行くか?
かなり風に弱いマルチングとなったけど。
それ以前にちゃんと発芽して成長してくれるかが問題か。

あとの種まきはスナップエンドウとそら豆。

091110125404_r_2

これまでスナップエンドウはつるなしにしてたんだけど、今回は試しにつるありにしてみた。
どうせどちらにしろ支柱は必要だし。
ありとなし、わざわざ2種類あるからには何かが違うんだろう。

そして、今回初の試みのそら豆。
今まで、そら豆は何となく食べてみたいという欲求もなくて目に入ってなかったんだけど、採れたては最高においしいらしいので挑戦することにした。
育て方もスナップエンドウよりも簡単なくらいだし。

091110135722_r

これがそら豆の種。
念のため、もともと青いのではありませんよ?
これは薬が付いているのですよ。
そういえば、無農薬野菜というのは、こういう種に塗布する農薬も避けるものなんだろうか?
無農薬用の種って別のあるのかしらん?

私の用いている永田農法ではそら豆の種はどっち向きに蒔いてもいいということになってますが、念のために一般的に言われている、オハグロという部分を下にして蒔く方法をとりました。
ちなみに、
Cocolog_oekaki_2009_11_12_13_32

さて、そろそろお昼もまわったぜぃ、と玉ねぎの苗を買いに行く。
そうしたら、買い物中に雨が降ってきてしまった。
まぁ、朝から怪しい雲行きではあったが。
天気予報では午後から雨と言っていたが。
でも、もはや引っ込みがつかないので、作業続行。

雨が強くなったり弱くなったりしている中、チクチクと苗を植えていく。
200本植えました。
地味で孤独な中腰作業は容赦なく腰に来ます。
さらに雨で濡れて体も冷えます。

しかしながら、どうせ濡れてるし~、と、
引き続き育苗していたカモミールの苗も定植しましたぜ。
これも100本くらいはあったのではなかろうか。

で、秋の日はつるべ落としのごとく、なんとか作業を終えたわけですが、
雨で、日は暮れて、ということで苗植え関係の写真は全くとれませんでしたが。

燃え尽きたというにはあまりにも冷たく静かな作業でしたが、
なんとか今年最終の園農作業を終えたのでした…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月14日 (日)

今年の不安

梅雨入りしたな。
あんまり関係ない気もするけど、なんとなく、
気分の晴れないこの頃を過ごしております。

今年の野菜、なんだか不作な気がするんだよね。
そんな予感を感じさせられる理由はいくつもある。

まず、芽が出ない奴ら。
リーフレタス、バジル、ズッキーニ、落花生、山芋。
リーフレタスは2度蒔いたのに、出ない。
バジルは去年の種だからまだ全然大丈夫だと思うのに、出ない。
落花生も去年の種なのに、一晩水につける手間を省いてしまった所為か、出ない。
ズッキーニはきっと種が古すぎたのだろうけど、出ない。
山芋に関しては、まだこれから出るかなと、希望を捨てていないんだけど。

なんだろう、この穏やかでない状態は。
つまり、種をまいて芽を出したのは、ミニ大根とオクラとミニトマト(黄)だけだ?

090613174700_r

090613175156_r

090613174908_r

少なっ!
やる気ダウンだなぁ~。

でもズッキーニに関しては、ちょっとラッキーな事が。

090613180610_r

これ、去年大きくなりすぎた実をポンポンと捨てていたあたりに、勝手に芽が出ていた。
やった、ラッキーとばかりに芽の出なかったポイントに1本植え替えた。
ところが2日ほど経って様子を見ると、枯れていた。
はぁ??っと思ってよくよく探ると茎が食いきられてるじゃありませんか。
さらに土からは頭隠して尻隠さず状態のイモ虫が。
夜盗虫の類でしょうね。
虫は彼方へ投棄。
再度植えなおしました。(自生株は4本あったのさ)

090613180551_r

明らかに不安さを醸し出している苗だけど、無事に育ってほしい。

さらに調子悪くて私を悲しませる奴がいたのだよ。

090613174942_r

私の中での一番のスター、トマト。
たぶん病気なんだろう、枯れてしまった。 2本も。
左の株に比べて、明らかにおかしい右の株。
去年もこんな感じで様子を見てたらどんどん他の株も枯れてしまったんだっけ。
でもあれは、もっと大きくなってからだったような。
これ、やはり連作障害かしらね。 とほほ。
泣く泣く、2本抜き去りました…。

090613175003_r

元気な株は、頼もしく着果しているとはいえ、悲しいことです。

その他は順調といえば順調だけど、なんだか全体的に成長が遅い気がするモノたち。

090613175016_r

マクワウリ。
これはまぁ、まだ大きくなってる方かな。
しかし、選定の仕方を忘れてしまい、ただ茂り放題なだけな気も。

090613175037_r

ピーマン。
なんか一見バジルのように見える状態。
一応花芽は着いてる。

090613175122_r

キュウリも枯れることはなかったけど、実はまだまだ小さい。
こちらも剪定法を忘れてしまい、なんだか調べるのも億劫で適当。

090613175216_r

ナスも大きくならないんだよなぁ。
花は咲いてくれたけど、普通は1番果がもう収穫出来る頃じゃないっけ。

090613180627_r

アスパラガス。
成長がぴたりと止まっている気がするのは気のせいか。
そろそろ太い芽が出てきて収穫出来る筈ではないのか。

一つの不安が、大きく膨らんでいるが故のいらぬ心配だろうか。
だと良いなぁ。
何でしょうこの、暗雲立ち込めたような状況。

とりあえず、気を取り直して収穫の報告をしましょうか。

090523152252_r

5月の下旬、玉ねぎ収穫。
助っ人の姉と甥っ子2人に手伝ってもらった。
今年の玉ねぎも、あまり玉が大きくなっていないのが多かったなぁ。
こんなもんなのかな。
最初の年がうまく出来すぎていただけだったのか?

それから先日、じゃがいものシンシアの茎が枯れたので収穫。

090612201744_r

す、少なっ!!
10個植えてこれだけだっ。
しかも小さいし。
ホッカイコガネの方は、まだ茎も葉も青々として花も咲いているからえらく早々にシンシアは枯れたな、と思っていたら、やっぱりちゃんと成長していなかったのか?
何でしょうこの虚しさ。
土の中で育つ野菜は、収穫するまでのわくわく感がたまりませんが、思った以上の収穫の少なさはさらに虚しさを増加させる。

いろんな失敗が重なって、上手くいかない農業を実感させてくれるわ。
夏になるころにはこんな不安が吹き飛んでいることを祈るぜ。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2009年5月18日 (月)

2週間という時間

夏野菜の種まき、苗植えからほぼ2週間。
もっと、気温が夏に向けて上がっていくと思っていたけど、さほどではないような気がする。
毎年こんなものであったろうか?
その所為かどうか分からないけど、野菜の成長も何となくゆっくりに感じる。

090516092550_r

それでもやはり、ミニ大根は発芽が早い。
もう本葉も出始めてます。 間引きは2回した。

090516092519_r

ミニトマトは、イエローピコが発芽。
アイコは出ていない。
去年、アイコだけ種を蒔いたけど、発芽しなかったし、今年は尚更ダメかな?
同じ種だし。

090516092854_r_2

開花したのはトマト。
苗を植える時点で開花しているのがベストというけど、休日に活動する園芸家にはちょっと難しい話ですわ。

090516093833_r

アスパラガスにも小さな蕾が。
どんな花が咲くのだろう。

090516093903_r

急に成長しているじゃがいもも、ぼちぼち花が咲くようだ。
これは花が咲いたら液肥は止めるのだ。

090516094721_r

毎年のことだけど、植えてしばらくはホットキャップの中で恐ろしく萎れているナス。
今年はあまりに萎れていて本当に枯れるんじゃないかと思って1週間でホットキャップを外してしまった。
2週間くらいは被せておいた方が良いらしいんだけど…。
それでも蕾が付いてるし、大丈夫でしょう。

090516093628_r

マクワウリ、今年こそ腹いっぱい食べるぜ。
頑張って、実を付けるのだよ!

090516093609_r

万願寺とうがらしも元気。
ピーマン類はいつも植えてすぐ枯れてしまって、出だしが遅れるから今年は根を切る量を少なくしてみた。
おかげで枯れずに元気だ。

090516093518_r

これは普通のピーマンだけど、葉っぱの様子がおかしい。
ホットキャップで焼けてしまったのだろうか?

090516093331_r

キュウリも同様に…。
何とも無いと良いんだけど、病気だったら、キュウリは1本しか植えてないから今年は収穫出来ないって事にもなりかねないなぁ。
様子見しかない。

090516094946_r

1本だけのスナックエンドウ。
寂し~い。

090516095029_r

初収穫は3本…。
ま、自分1人が食べる分には丁度なのかもしれないが。
しかし、収穫の喜びは少ないっす。

090516095059_r

玉ねぎが倒れ始めた。
あまり、大きく膨らんでないのよね。
最初の年が、上手く出来すぎてたのかなぁ。
でも、試しに1個食べてみたところ、生でも全然辛くない!
味に関しては上手く行ってるみたいだぜ。

090516093934_r

イチゴが密かに熟している!
勝手に出来ているものとは言え、全部鳥に食べられるのも癪なので鳥避けネットは被せているけど、あまりに広範囲に広がっているため、全体の3分の2程度しかカバー出来ていない。
鳥と競争だ!
次の週末にはたくさん熟しているに違いない。
踏みつぶさないように収穫するのがまた大変そうなんだけどねぇ。
来年は、またイチゴもちゃんと育てようかな?


| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年5月 4日 (月)

すべてが終わり

私のGWも残すところ今日を入れてあと2日。
それなりに、いろいろな用事を済ませたので、そんなに短くは感じなかった今回の連休。
PCのデータ引越し、旧デスクトップの実家への輸送、設置、衣替えと部屋の模様替え。
そして当然、夏野菜の仕込み!
すべての任務が完了してます。
ああ~、充実。

で、早速野菜報告に行きましょう。
今年はズルをして去年と同じ場所にトマトを植えることにしてトマト屋根の移動はしなかったので、多少楽でしたね。
(連作障害が出ませんように。)
しかも、今年からは、私には頼もしい相棒がいるしね。
さぁ、行くぞモックン!

090430141609_r

今回はパーツを付け替えて除草作業、行ってみよう!

090430132229_r

前回の耕運も甲斐なく、また雑草だらけの我が畑。
それがこう!

090501132722_r

違うアングルから…、

090430132237_r

これが、こう!

090501132730_r

いやっほうぅ! 頼もし~い!!
ありがとうモックン。
モックンのおかげで、今年の作業は、除草、畝作りが1日で終わったよ!
まったく助かるなぁ。

苗植え、種まきは翌日にしました。
つまり今年の仕込み作業は2日で終了。
やはり機械化は素晴らしい。

苗植え品目はトマト7本、ナス2本(長ナス1本、水ナス1本)、ピーマン2本、万願寺とうがらし1本、キュウリ1本、マクワウリ1本。

090501132702_r

トマトの支柱、今年は頑丈にした。φ16。
これで、茎が折れることを防げるか?

090501132442_r

090501132522_r

これは↑今回初めて育てる万願寺とうがらしだけど、ピーマンと見分けがつかないね。

090501132505_r

マクワウリは去年、最初の1個の収穫がちょっと早すぎたので、次からじっくり待っていたらすべて何者かに食べられてしまったという悲しい出来事があったので、まぁ、リベンジ。
今年こそ、目一杯食べてやるぜ!

種まき品目はミニトマト、バジル、ミックスレタス、ズッキーニ、落花生、オクラ、山芋。
山芋は初です。
支柱立てて蔓を誘引したりしなければならないらしくてちょいと面倒だということは、種イモを衝動買いしてから知った…。
まあ、いい。

そのほか、3月に植えたアスパラガス、じゃがいもは無事に発芽して、成長している。

090430161509_r

090430161546_r

アスパラガスはまだまだ伸びてくる茎が細い。
いつ、太いのが生えてくるか、楽しみだなぁ。

090430161721_r_2

1本だけのスナップエンドウ、実が大きくなってきてはいるけど、やはり1本だけだと勢いがなくてさみしいなぁ。
あまり大きくならないみたいだし。とほほ。

それはそうと、去年の夏、かけた時間の割には収穫が少なく私を激しくがっかりさせたイチゴ。
もうやる気なくてそのままほったらかしにしていたら、好き放題に広がって、今ではすっかりイチゴの花畑になってしまった。

090430161738_r

まったく肥料もやってないし、着果してるみたいだけど大きくなるかな?
逆にすごく甘くておいしかったらなんかそれはそれでムッとくるな。

090501132633_r

半分くらいは枯れてしまった赤玉ねぎ、生き残りは大きくなってきてる。
玉ねぎは収穫まであと1ヶ月くらいかなぁ?

今回の畑仕事をしつつ、つくづく考えてしまった。
土と戯れていると、「人間だけが生きているわけじゃないな」と思い知らされる。
邪魔者扱いしている草も生きているし、土を掘ればムカデやミミズが出てくる。
小さな虫も、植物も、誰に何を言われるでもなくそこに生きている。
ただ、生きるために生きている。
そしてきっと、すべての生き物は許されているんだろう、生きることを。
あぁ、1人ではないのだよ。

では最後に、意外にあまりマジマジと見たことがないネギ坊主の画像をお楽しみください。

090501132419_r


| | コメント (5) | トラックバック (0)

2009年3月22日 (日)

よろしく相棒!

先週満開であった梅の花も、

090315145116_r

今日の嵐でほぼ吹き飛んだ模様。
何なんだ、今日の暴風は。

畑仕事は先週の日曜日に決行していたので問題なし。
そう、予告していたようなものだか、
その日から、我が菜園作業にも頼もしい相棒が!

090315132053_r

だははは~~~。
やっぱり買った、ホンダのピアンタ。
カセットボンベの耕運機。
なぜかモックンと命名。
こいつは確かに、ソコソコ頼りになるやつだった!

090315114606_r

草ボウボウな我が畑もモックンにかかれば~、

090315131834_r

小一時間ほどで黒土もまぶしい畑に大変身!!
多少、作業に慣れは必要でありましたが、問題ないレベルさ。

畑全部を耕そうと張り切っておりましたが、その後の畝立て等を想像するに、時間と体力に相談をした上で半分だけにとどめて置きました。
(それでも後日、筋肉痛にはなりました、当然のごとく。)

そこに、初のじゃがいもを植えるのです。

090315132333_r

切って乾かしていたらこんな風に汚らしくなってしまったが、い、生きてるよね…?
ってな不安を感じつつも植えました。
左側が「シンシア」、右側が「ホッカイコガネ」という品種らしい。
どちらもメイクイーン系だと思う。
これで、初夏には収穫が楽しめるはずだ。

さらに遡る事1週間。
3月7日にはアスパラガスの苗を植えた。
写真はない。
なぜか撮るのをすっかり忘れていた。
アスパラガスは3年目から収穫が出来るとの事で、2年物の根株を買ってきて植えました。
試しに1本だけ。
上手くすれば10年位は収穫が楽しめるとか。
しかし、1週間位で芽が出るはずが、未だに音沙汰がない。
ちょっと深く植えすぎてしまったのか?
今年は暖かいから気温が低すぎるって事はあるまい?
何しか初めての野菜は不安が多いぜ。

さて、昨年初冬より静かに畑に植わっていた玉ねぎが、成長を始めたようだ。

090315144806_r

この、春になったからやってやるぜ的な変化を見ると、毎度何だかワクワクするよ。
ああ、春って生命の活動開始期なんだなぁと思い出さされる。

090315144816_r

でも、赤玉ねぎは何だか元気なし。
50株中、半分位は冬の間に枯れてしまったようだ。
もともと細い株だったからなのか、弱い種類だったのか、わからん。

それはそうと、この冬の間、我が畑はモグラの蹂躙にさらされていた。
ニンジンは全て地下より引っこ抜かれ、大根、白菜は地上部分を残して齧られていた。
モグラって、肉食なんだと思っていたけど、雑食なのね…。
しかも地下からピンポイントで(かどうかは分からないけど)野菜を見つけ出す見事な嗅覚に恐れ入ります。
しかし退治するってーのも大掛かりだしなぁと放置していたら、冬野菜をことごとく攻撃した後、食料が尽きると同時にどこかへ行ってくれたような気配。
玉ねぎはなぜか無傷。
そんな訳でジャガイモも大丈夫だろうね?と思いながら植えたんですよ。
また戻ってきたらどうしよう。

そして、そのようなモグラの強力な攻撃を見事免れた白菜が1株。
何となく収穫しそびれているうちに、花が咲いてしまった。

090315144920_r

そりゃ、3月にもなれば菜の花も咲いてしまうよね。
ま、食べられないこともないだろうと今更に収穫。

だが、私の口に入ったのはほんの2、3枚の葉に過ぎず、ウチの黒いお嬢さんに盗み食いされてしまった…。
ドアの裏に隠していたのに、犬には優れた嗅覚があったのだった…。
その後、黒いお嬢は大量のおしっこをした。
トイレから溢れる程に。
白菜1玉食べた訳だけど、白菜には利尿作用があるのだろうか?

| | コメント (5) | トラックバック (2)

2008年7月20日 (日)

初物2連発

すっかり夏になってしまった所で長らく御無沙汰してました、野菜報告。
梅雨も開けて、週末に雨が降るというパターンからも抜けたので、この所は真面目に週一で液肥散布もやってます。

080719104830_r

きゅうり、ナス、ズッキーニに関しては、食べるのに必死、それでも食べきれずに配るのに必死な日々を送っている。

080712104204_r

きゅうり、ズッキーニは今年は一株ずつしか育てていないのにこの状態だ。
週一での収穫では間に合わず、週半ばにちょっと早起きして収穫したりしても大きくなりすぎていたりする。

080712104005_r

夏の野菜の成長には、まったく降参だよ。

080712104238_r

オクラも花が咲いた。
発芽後から、気にしていたアブラムシの被害もなく、すくすくと育っている。
暑くなって着たら成長の速度も上がった。

080719104837_r

ナスの株は、去年の貧相さ、収穫の乏しさが信じられないような元気ぶり。
去年は一体どうしてああだったのか。
しかし、私の想像よりは大人しいんだよね、ナス。
もっと、わっさわっさと茂って大きくなるのだと思っていた。
そろそろ株の剪定をしておかなくてはいけないかな。

080719105017_r

落花生も、私の想像と言うか、DVDで見るものよりも、貧相な気がする。
一応花は咲いたので、今日で液肥散布は終わりって事にするけど…。
土の合う、合わないがあるのだろうか?

080712103934_r

080719104949_r

植えてすぐに枯れていたパプリカも、脇目が伸びてこんなにも立派な実をつけている。
ピーマンよりも、肉厚な見た目。
収穫まで後どれ位かかるかなぁ。

080712104429_r

心配と言えば、トマト。
まず、去年もやったけど、自重で株の根元の方がボッキリ。
慌てて紐で株の重さを上から吊るして支えてやる。
そして折れた部分には当て木をしてるけど、この株は徐々に枯れつつある…。

080719105048_r

そして次に、折れてもいないのに枯れてきている株がある。
病気かと調べてみて、「青枯れ病」とか言うやつではないだろうかと…。
抜いて処分するっても、実が成ってるのでナカナカ思い切れない。
そうこういっているうちに隣の株も何だか調子か悪くなってきた。
早く対処すべきなんだろうけどぉ。

080720175050_r

てな訳で、本日の収穫。
昨日も収穫したからちょいと少なめ。
オクラとマクワウリは初物。
マクワウリは収穫適期が良く分からないんで、まぁ試しに。
冷やして食べよう。 
 





 

| | コメント (3) | トラックバック (1)

2008年5月 2日 (金)

小刻みに活動

明日から4連休のGW本番という方も多いでしょうね。
私のGWは、10日もあった筈があと3日になってしまいました。
6日が出勤なんですよね~~。 不思議な会社カレンダー。

この、1週間の休みで、何とか畑も夏野菜の準備完了。
2日もあれば出来るだろうと軽く見ていた私でしたが、去年ほど気持ち的にも体力的にも勢いがなく、毎日出来る範囲でやっていたらこんなに日数を必要としてしまった。
しかも基本的に、私の畑作業は午後始まりなもので。

080429151630_r

なんせ、冬から春にかけてほぼ野放しだった畑は、畑なのか土手なのか見分けが付かないほどの雑草が繁茂してましてね。
まずは草取りから始めたんだけど、あまりの先の見えなさに少々ボーゼンとなっていたら、タミーが登場。
息子を引っ張り出してくれまして、トラクターでグワァッと畑をひっくり返してくれました。

080429181152_r

あっという間に畑部分がくっきりはっきり!
しかしもろもろの都合により畝をトラクターで作ってもらうことは出来ず、そこは自力で何とかせねばならず、何とか3本の畝を立ててその日の体力は底を付いたんですが。

日を改めて3本の畝にケイカルと液肥を散布してマルチシートを張り、内1本にトマト屋根を組み立てる。
これもはっきり行って重労働。
木槌を振るったために右手が激しい筋肉痛となる。
農業は、肉体を使うものだなぁと、つくづく…。
支柱を組んだところで体力と、日照の限界(つまり日が暮れた)。

また日を改めて、トマト屋根のビニールを張る。
上を向きっ放しの作業で、これも結構きついんですよ。
しかも、数日前に背中の筋を違えていたもんで、余計辛い。
だが、これで後は苗を植えるだけだ!
という所でまた日が暮れる。

いよいよ苗を買いに行き、帰宅後に、植えつけた。
トマト6本(桃太郎3本・サターン3本)、ナス2本、パプリカ赤1本、黄1本、きゅうり1本、そして勢いでマクワウリ1本。

080502165206_r

マクワウリ、店で見つけてつい買ってしまったんで、育て方はこれから調べます。
瓜だけあって、苗はきゅうりとよく似ている。
でも多分、メロンのように地這いで育てるんじゃなかろうか?

去年は苗を買った時、オマケでミニトマトの苗を1本もらえたけど、今年は何もなかった。
ひそかに期待していただけに、思った以上にガッカリ。

種蒔きはズッキーニ、プランターでバジルとミックスレタス。
今年の夏は、これで行こう。

080502165408_r

トマトの支柱は去年よりもしっかり組んだ。
去年、思ったよりも太く大きくなって困ったからね。

080502165244_r

その他の苗には支柱と、ホットキャップもしっかり被せましたぜ。
気温によっては昼間蒸れ過ぎるかもしれないのでその点は要注意だけど、去年はナスが昼間グッタリなっていたけど、夜にはシャキッとしてたし、多分大丈夫でしょう。

080420121804_r

さて、その他の持ち越し野菜たちの状況も報告。
ブロッコリーを放置していたら見事に花が咲き、羽音がうなるほどミツバチがやって来ていた。
みんな脚に花粉球(?)をぶら下げてせっせと花から花へ移動していて、それを見ていたら何となく処分しにくかったんだけど、トラクターを入れてもらうために仕方なく引っこ抜きました。

080430164119_r

玉ねぎも早生は膨らんできた。
晩生の方はまだまだだけど、それなりに伸びてはいる。
もう液肥はやってません。

080430164200_r 

スナックエンドウももう液肥はやらない。
ドンドン花が咲き、鞘が太ってきてます。
一房齧ってみたけど、いい感じに青くて甘い。
GW中には収穫始めて良いかな。

080430164427_r

イチゴもドンドン花が咲き、なにやら豊作の予感…?
まだまだ小さくて青い実だけど、イチゴの形になってる。

080430164609_r

草丈も思っていた倍位の高さに達し、鳥避けネットに支えて苦しそうだったので、とりあえず実が赤くなり始めるまでは外しておくことにした。
丈もさることながら、ランナーが恐ろしく出てきている。
こんなにもニョロニョロと出てくるものだったのか。

080420122303_r

今のところ、イチゴは植えた苗全部が順調そうに育っているけど、これから虫にやられたりするんだろうか?
イチゴの畝にはナナホシテントウムシがよくいる気がする。
せっせとアブラムシを食べちゃってくれ~い。

今日までで夏野菜の仕込が終わったんで、とりあえず残りの連休はのんびり出来るよ。
また畑をぼんやりウロウロして楽しむ季節がやってくる。   

 

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年3月13日 (木)

我慢できない

いきなり春めいてしまった。
昼間はトレーナー一枚で外に出ても、寒くもなく、暑くもなく。
こんな快適な気温の中、畑に出ないわけには行かない!

寒さに負けて引きこもっていたお陰で、畑も荒れ放題だ。

080313135445_r

雪に埋もれていることも多く、全く様子が分からなくなっているうちに、ブロッコリーはこんなに丸坊主に…。
糞が落ちてたりするから、たぶん青虫系にやられたんだと思うんだけど、捜しても犯人らしきモノは発見できず。
まぁ今更どうしようもないっちゃーない。
花の部分は無事なので、今出来てるのを収穫してブロッコリーは終了でしょう。

080313135454_r

成長が間に合わず、結球しないうちに雪に埋もれてしまっていた白菜は、花をつけてしまった。
白菜の花って、こんななのかぁ~。
この状態でも食べれるのだろうか…? 食べないけど。

080313141557_r

そして、なんとイチゴに花が咲いていた!!
ええ?? こんなに早いものなんだ??
昆虫による受粉を促すために、防虫シートは昼間は開放すべきらしいけど、面倒だからもう取っ払ってしまおうか?
今度は実が成ったときの鳥避けネットを掛けないと駄目かな~~。
ここいらはヒヨドリが結構いるし、去年トマトすらやられたし、イチゴは見逃さないだろう。

080313154746_r

スナップエンドウも、もう霜が降りることはないだろうと判断して、間引いて2本立てに。
そして去年同様、きゅうりネットを張った。
昨シーズンよりも種まきも早めにしたから株がちゃんと大きくなっている。
ネットも早めに張れたので、安定した成長をしてくれるでしょう。

玉ねぎも気温が上昇してから何だか株が逞しくなったようだ。
そして、同時に雑草も逞しく生え始めているんで、マルチの隙間の雑草採りもした。
勢いで、去年の夏野菜の後始末もした。
まだやってなかったんかい!っという感じだけど~。

今シーズンの作付け計画を立てないといけないな~。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年1月 6日 (日)

変化は地下にて

正月から働くと余りよくないような気がしたので、せめてとばかりに2日に液肥アンド草引き少々を。
実を言うと、週末になると天気が崩れるというパターン続きの所為で2ヶ月近く液肥をやってない状態でしたので。
出来る時にやっておかねば。

071222100333_r

080102131458_r

冬の間は野菜の成長が目に見えないもんですが、スナップエンドウの状態を約半月前と比べたならば、それなりに大きくなっているようですね。
それにしても、こんなに小さいまま冬を越すんだな。

071222100343_r

マルチを被せていても、逞しくその隙間から顔を出す雑草。
まだまだひ弱な玉ねぎの苗が負けてしまいそうだから、取りました。

080102131528_r

小さい雑草といえども、引き抜くときには玉ねぎの苗自体が抜けてしまいそうでなかなか気を使う。
地表では小さな雑草も、地下にはがっつり根を張っていたりする。
冬の動きは全て地下でなされているようで、植物とはしたたかだ。

080102131320_r

にんじんは、霜にあたってさすがに葉っぱが勢いを失っている。
しかし土の中の本体は平気そう。

080102131214_r
 
白菜を、一応霜よけの為に麻紐で縛りました。
何だかとても汚らしいが、本当にこれで何がしかの効果があるのだろうか。
霜が降りだしてから本体の先端の葉が枯れ始めていたんだけど、これで進行は防げているのか。

080102131231_r

イチゴは大して変化が見えない。
地にへばりついているような様子が寒さに耐えているという雰囲気を醸し出している。
防虫ネットが少しは防寒に役立っているんだろうか?

080102131417_r

やけに元気なのはほうれん草。
さすが冬の野菜。
しかし、一応間引きもしたのになにやら乱雑に密集しているな。
静かに出来上がった感のあるほうれん草だけど、これは、美味しく出来た。
生でもバリバリ食べれます。
まぁ、私はシュウ酸というものがどんな味なのか分からないから、知らずに食べてしまっているだけかもしれないけれど。

冬の畑は変化と色彩に乏しい。
それが、静かに寒さに耐え忍んでるという感じで、それでも見えないところではしっかり行動をしているらしくて、
出来ることは出来る時にするっていう、なんと言うか効率的で、逞しくて、
寒いというだけであらゆる行動を封じられてしまう自分が恥ずかしく思える。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧