« 気にいるものがない | トップページ | 次なる挑戦 »

2010年2月 7日 (日)

小さいけど頑張った

また実家に帰って来ています。
今回の用事は、職業訓練の説明会会場が実家のそばだということもあったんですが、もうひとつ大きな目的は生後5カ月を過ぎた、灰色姫の避妊手術でした。

100203193431_r
そんな事とはつゆ知らず、機嫌良くしている灰色姫。
実家の近くの動物病院はこれまでにも他の猫の避妊手術でもお世話になっていて、安心かなぁと思って、わざわざ帰って来たんですが、手術をすれば終わりって訳でなく、その後の経過を診せに行ったり抜糸をしに行ったりしないといけないという事で、思った以上に実家に長期滞在する羽目になっております。

100204221433_r
抜糸は10日後なので、それまでには1度家に戻ることにしてますが。
そんな訳で、灰色姫は今、全身網タイツ状態になっております。
手術した日はさすがにしんどそうにしてて、麻酔の影響で体温が下がるとのことで、普段は寒さに強くてソファーの上などで1人で寝ている事が多い灰色姫も私の布団に入って来て寝ていました。
触られるのを嫌がったりもしていたなぁ。
翌日にはかなり目力を取り戻したもののやっぱり寝ている時間が長かった。

100206152624_r
それでも2日後にはもうほぼ通常の元気を取り戻していた。
強いなぁ、小さいのに。

子供を産ませるつもりはなかったし、雌猫は発情期になるととてもうるさくなってしまうため手術することは決めていたけど、たかが避妊手術とはいえ全身麻酔だし、万が一という事がない訳ではないのでやっぱり緊張した。
何事もなく無事に済んで、本当によかった~。

|

« 気にいるものがない | トップページ | 次なる挑戦 »

コメント

避妊手術って結構大変なんですねdespair
ちょっと痛々しくてかわいそうだけど、こればっかりは仕方ないですもんね。
猫ちゃんの発情期の鳴き声って赤ちゃんにそっくりじゃないですか??
最近、よく間違えて子供に駆け寄っちゃたりしますear

投稿: こあら | 2010年2月13日 (土) 22時03分

>こあらちゃん

久しぶりだねぇ~。
猫の手術、オスの場合はお腹を切らないから
もっと簡単らしい。
灰色姫は昨日抜糸も済んで、
全身アミアミからも解放されたぜぃ。
猫の発情期の声、確かに赤ちゃんに似てるかも。
呼んでます~~、って感じが共通してるのかな??

投稿: Jitsu | 2010年2月14日 (日) 12時44分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/115136/33285341

この記事へのトラックバック一覧です: 小さいけど頑張った:

« 気にいるものがない | トップページ | 次なる挑戦 »