« 体 鍛えてますか | トップページ | 変化を目にする »

2007年4月24日 (火)

懐かしいのは痛いのか

先日、高校時代からの連れに久々に会った。
彼女はかつての同級生で、いまだ独身でサラリーウーマンだ。

彼女は、昔から変わらないんだな、これが。
年々、それを強く感じるようになって来ている。
どうすればこうまで変わらずに来れるんだろうか?
会話するごとにそう考えてしまう。

その、「変わらなさ」を、どっちかというと私は否定的に見てしまう。
頑なな純粋さも、年を経ればただの頑固や意固地に感じるのか。
変わり行く自分の、僻みなのかなぁ~~。

しかし、そんな彼女が今回特に口にした言葉。
「時間がない」
仕事は確かに忙しそうだ。
終電帰りも珍しくないみたい。
でもな、私は思ってしまうんだよ。

その忙しさは、怠慢ゆえではないのだろうか?

常々私は、仕事が忙しいって言うのと、怠慢は紙一重だと考えている。
つまり、常に忙しい状態を維持しているというのは、その忙しさに対してなんら改善を講じていないということでしょう?
いつも忙しいって事は、自分の許容範囲以上の仕事を請け負ってしまっていたり、時間短縮するための工夫をせず、ただ、状況に流されているんじゃないの?

残業が美徳だと、仕事熱心だと考える人は、驚くほど多い。
社風もあるだろうし、そういう空気の職場でしか働いたことがない人は疑問にも思わずにそれが当たり前だと思って過ごしてしまうのかもしれないけど。

仕事が楽しくてついつい遅くまで残ってやってしまうって言うならまぁそれはいいだろうと思う。
でも、だいたい残業が多い人って言うのは、不満たらたらやってるんだよね。
で、話を聞くと、自分が残業にいたる理由って言うのを、見事に筋道立てて説明してくれるのよ。
見事に言い訳だけは、出来上がってるのよ。
私にしてみたら、そうまで理由がはっきりしてるなら、それを改善すればいいじゃん?と思うんだけどねぇ…。

この言葉は、意味の分からない人にはどれだけ説明しても通じないのであった。
彼女にも、特に何も指摘しなかったけど。
この、言わないでおこうという私の心の動きが、私が彼女に対してどの程度の距離感でいるかっていうのを浮き彫りにしてしまったな。
会話のかみ合わない、妙な居心地の悪さは年々酷くなってしまう。

高校のときはすぐ隣で時間が足りないくらいに話した相手だけど、時間が経って、気がつけばとても遠いところに立っている。
きっと彼女の立ち位置は変わっていない。
私が離れてしまったんだろう。

|

« 体 鍛えてますか | トップページ | 変化を目にする »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/115136/6200946

この記事へのトラックバック一覧です: 懐かしいのは痛いのか:

» 菊地凛子熱演「バベル」切なさとエロス [公開間近「バベル」情報。菊池凛子のあのシーンも動画で紹介]
超話題昨「バベル」の日本公開が、近づいてきました。 これからこの映画を見に行こうとしている人たちが一番注目している役者と言えば、なんと言っても「菊地凛子」さんなのではないでしょ... [続きを読む]

受信: 2007年4月26日 (木) 11時05分

« 体 鍛えてますか | トップページ | 変化を目にする »